• facebook
  • twitter
  • rss

東京オリンピック・パラリンピックの「交通規制」を実体験!対策と近道はあるのか

2020年夏の開催が待ち遠しい東京オリンピック・パラリンピック。しかし、首都圏の交通網は混乱が予想されています。残り1年を切った今、少しでもその影響を回避するために、私たちはどんな準備をしておけばいいのでしょうか。1年後の本番を見据えて、事前に行われた大規模交通対策テストの実態をもとに、その対応策を検証してみました。

本番さながらの交通対策テストを実施、目標は交通量最大30%減!

2020年夏に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピック。関係各所でさまざまな準備が進められる中、警視庁は、会期中の首都圏交通網の交通対策の整備に鋭意取り組んでいます。去る7月24日と26日にはその一環として、通勤時間帯を中心に首都高速道路への一般車両の流入を規制する、交通対策テストが実施されました。

オリンピック開催期間中の流入規制の主な目的は、選手・関係者などの移動を可能な限りスムーズに行うことにほかなりません。そのため、関係車両が通る予定のルートについて、首都高速道路の交通量を最大30%減らすことが具体的な数値目標として掲げられています。今回の交通対策テストは本番さながらの規制を行うことで、その効果をチェックするために実施されました。

国土交通省の調べによれば、7月24日の首都高速道路交通量は2018年の同時期に比べて、約7.3%減少したそうです。26日には6.8%減少と、一定の効果があることは確認されました。ちなみに交通量はそれぞれ101万4,000台、107万5,000台です。実際の開催期間中には、関係車両だけで約7万台の増加が見込まれるそうですから、さらにいっそうの「削減対策」が検討されることは間違いないでしょう。このテストでは、周辺の一般道道路でも、前年同期と比べて4%ほどの交通量削減が確認されています。もっとも、実際にその規制に遭遇したドライバーにとって影響は決して小さなものではなかったのです。

 

首都高速4号新宿線、流入規制でいったい何が起こったのか?

実際に交通規制が実施された期間にその影響を体験するべく、一人のドライバーが両日利用した感想をまとめました。体験したのは普段から通勤で首都高速4号線を利用している男性ドライバーです。

7月24日の場合

通勤ルートは、高井戸ICから乗って霞ヶ関ICで降りるパターンがほとんど。通勤時間帯の高井戸ICは入るまでの都道14号にずらりと行列ができるのが日常茶飯事なので、そういう時には永福ICまで国道20号線(甲州街道)を走ることにしているそうです。どちらにしても通常、およそ50分から1時間ほどの通勤時間を見込んでいます。

1回目のテストデーとなった7月24日は、実は首都高速4号線の規制にハマらずにスムーズに走行できました。おかげで、いつもよりも順調に走ることができたそう。ICにアクセスする一般道の流れもスムーズで、首都高速道路の交通量が非常に少なく「交通規制、恐るるに足らず!」と思ってしまったとか。

7月26日の場合

ところが二日後の26日は、状況が一変します。朝から高井戸ICをはじめ永福、初台まで首都高速4号線の上り方面入り口が閉鎖されたことで、高架下を走る都道14号線が渋滞しているのはもちろん、そこから合流して都心へとつながる20号線も、最大で4つある車線のすべての流れが滞ってしまいました。

ドライバーは側道に逸れることで渋滞を回避しようとしたそうですが、右折車線の混み具合がとくにひどく、そのため左折する車線の流れも澱んでしまっていたとのこと。印象的には、素直に直進できる車線(右側2車線)を走り続けるのが正解だったようです。

最終的には上り方面では唯一、開いていた新宿ICから首都高速4号線に乗りましたが、会社にたどり着くまでトータルでかかった時間はなんと2時間近く。仕事前から精神的にも疲労困憊したとのこと……お疲れさまでした。

 

もっとも影響を受けそうなのは首都高速5号線。北関東からのアクセスは要注意

今回の規制に伴う渋滞体験に関していうと、たとえば高井戸ICよりもひとつ八王子寄りの調布ICから乗っていれば、一般道の渋滞に巻き込まれることもなかったのではないかと考えられます。

もっとも、そうした「抜け道」的な発想は誰もが考えることです。そのため、誰もが同じように考え、同じ行動をとれば、一点に交通の流れが集中し、結局は想定以上に時間がかかってしまう可能性も否めません。

今回のテストで規制されたルートを見る限り、本番でも影響を受ける確率がもっとも高いのは首都高速5号線と言えそうです。テストでは、上り起点の新都心入り口が24時間通行止めとなり、10カ所のICが一部時間帯で閉鎖されました。東京外環道につながり関越道から流入する車も多い路線だけに、北関東からのアクセスには、一般道も含めた混雑を予想せざるを得ないでしょう。

南側からのアクセスはあまり影響がない??

逆に湾岸線や高速神奈川1号線、首都高速1号羽田線など、神奈川方面からの経路は比較的、他と比べて閉鎖や規制が少なめです。夏休みシーズン真っ只中の東京湾アクアライン渋滞にはもちろん「厳重警戒」が必要ですが、少なくともテスト段階での規制具合から考えると、大会想定ルートの中ではもっとも通常どおりの混雑状況となりそうです。

流れが読みきれないのは、首都高速3号渋谷線です。起点となる用賀ICでは一部時間帯で通行止めが実施されましたが、首都高速4号新宿線と同様、ひとつ手前の東名川崎ICからのることができれば、スムーズに都心へと向かうことができる可能性もあります。並行して走る第三京浜道路に流れが分散すれば東名川崎ICへの交通集中も回避できるかもしれません。

必要なのは素早く確実な情報収集ツール!

実際、本番時にどの路線でどれくらいの規制が入るのか現状ではまだ明確にされていません。おそらくは大会関係者の移動のタイミングや交通量の多寡に合わせて、臨機応変に対応することになるでしょう。そのため、本線料金所の通行規制や、ICの通行止め、それにともなう渋滞状況の変化については、できる限り「新鮮」な情報を「素早く」キャッチすることが重要です。

今回の交通対策テストでは、一部の道路情報アプリで料金所の閉鎖情報がルート案内に反映されていないケースが確認できました。普段よりも首都高速道路の交通量が少ないことから、最短ルートとして首都高速に乗ることを指示してくれるのですが、実際にはICが閉鎖されているために乗れず、途方にくれてしまうことに。

車載のナビゲーションシステムに、ETCスポット2.0やVICSの情報をリアルタイムで反映してくれる機能がついていれば、ルート案内に関してもかなり安心することができますが、それらの機能が搭載されていない場合はアプリをフル活用しましょう。スマートフォンやタブレットで使える気軽なアプリケーションとしては、「首都高専用」を謳う道路交通情報アプリ「mew-ti(ミューティー)」が便利です。また、同アプリ内の首都高緊急情報メールサービスは、登録すれば通行止めなどの情報を指定のアドレスに送信してくれます。これらのツールをうまく取り入れ、渋滞を回避してくださいね。

 

まとめ

協力企業によるオフピーク通勤やテレワークへの移行など、大会期間中の交通集中削減への対策は多岐に渡ります。交通規制の影響を「もっとも受けない」ためには、実はできるだけマイカーを使わないという、とてもプリミティブな対策がもっとも効果的なのかもしれません。

関連記事

TOP