• facebook
  • twitter
  • rss

後付けで安心!「あったら嬉しい」運転サポートグッズ6選

後付けで安心!「あったら嬉しい」運転サポートグッズ6選

最近は高級車だけでなく、軽自動車のような身近な価格帯のクルマにも、苦手な運転や安全運転をサポートする非常に便利な機能が多く搭載されるようになりました。とはいえ、当たり前のように標準装備されるようになったのはここ数年のこと。

最近はとくに踏み間違い事故や確認ミスによる事故がニュースで多く報道されるようになり、事故0への意識が強まっています。この記事では、数年ほど前の車種だから安全装備が搭載されていない方、あるいは少し古い年式の中古車を手に入れたという方でも、後から装着することができる「あったら嬉しい」「安全度が高まる」お手頃&便利な安全グッズをご紹介したいと思います。

 

苦手な縦列駐車を克服!「バックカメラ/リアビューカメラ」

 

運転が慣れていない人にとって、車をバックさせる時の緊張感は半端なものではありません。そんな時に後方の視界をわかりやすく映像で見せてくれるのが、バックカメラやリアビューカメラと呼ばれるカメラで、車の後ろ側、ナンバープレートの上などに装着し、操作をフォローしてくれます。ただし、購入する前に、まずは自分のクルマが装着しているカーナビゲーションとの連動性を考えましょう。ナビゲーションがない、もしくは連動させたくない場合は、画像表示用のモニターが別途必要です。

映像はよりクリア=画素数が多いことに越したことはありません。また夜間あるいは暗い駐車場などでの鮮明度を上げたものや、広い視界を確保したもの、あるいはいくつかの映像を同時に組み合わせて表示できるものなど、必要な機能性を軸に選んでもいいでしょう。そして、いかに目立たないように装着できるかどうかもポイント。カメラ本体のサイズも、小さい方がより目立たず自然な感じで装着することができます。

パナソニック(Panasonic) バックカメラCY-RC90KD

クリアな画質にこだわって約31万画素のCMOSセンサを採用。感度が高いだけでなく色の再現性も優れています。さらに視野角が幅広いので、安心感でも差がついています。非常にコンパクトなので、目立たないのも嬉しいポイントでしょう。

参考価格:8,808円

Amazonサイト

 

カロッツェリア(パイオニア) バックカメラユニットND-BC8-2

 

カロッツェリアブランドのカーナビゲーションなど、RCA映像入力端子がついた各種モニターとつなぐことが可能。2016年モデルのサイバーナビなら、駐車アシスト線まで表示してくれます。(別売りの変換コネクターが必要)

参考価格:9,316円〜

Amazonサイト

 

縦列駐車や狭い曲がり角も安心!「コーナーガイドセンサー」

 

駐車時だけでなく、狭い道路で対向車とすれ違う時や路地角を曲がる時などに、超音波を使って障害物との距離を計測、警告してくれるのがコーナーガイドセンサーです。最新商品の中には、音と光で警告を与えるシンプルなセットに加えて、音声で注意を喚起してくれるボイスアラームタイプ、さらには障害物までの距離と位置関係を液晶モニターで図示してくれる商品もあります。車のボディの死角に入って目視できない小さな子供の存在もしっかり知らせてくれるので、安心感はそうとう高いと言えるでしょう。

データシステム(Data System)【コーナーガイドセンサー】スピーカータイプCGS252-S

 

好みに合わせてバージョンアップも可能で、距離表示モニターセット(CGS252-M)や音声で「右前注意!」などと警告してくれるボイスアラームセット(CGS252-V)もラインナップされています。

参考価格:9,780円

Amazonサイト

 

荷物を持ちながらトランクオープン「ハンズフリートランクオープナー」

 

ヨーロッパの高級車たちを中心に、さりげなく便利な装備として展開が拡大しているのが「ハンズフリートランクオープナー」。両手がふさがっている状態でつま先をリアバンパー下に差し込むだけで、自動的にロックを解除、トランクを開けることができます。

データシステムトランクオープナーFT0420

レクサス系のパワートランクリッド装着車の一部と、トヨタクラウンマジェスタ(H21.3〜H25.8年式)に対応。車種は限られますが、一度使ったらもう手放せないかも!?

参考価格:7,125円

Amazonサイト

 

後続車に非常事態を素早くアピール「エマージェンシーストップシグナル」

 

こちらも欧州車の一部で採用が広がっている、安全運転支援の機能です。高速道路を走行中、前方に渋滞が発生していたり障害物が落ちていたりした時に急ブレーキをかけると、ハザードランプがパチパチと高速で点滅。後続車に注意を促し、後方からの追突防止をサポートしてくれます。とてもシンプルで汎用性の高いキットですが、いざという時の危険回避効果は抜群だと言えそう。

データシステム エマージェンシーストップシグナル ESS421

 

車速パルスを検知できる車両なら、幅広く対応できる汎用性の高いキットです。付属しているスイッチをタッチするだけでハザードランプを2回、点滅してくれる「サンキューハザード」機能も備えています。

参考価格:7,343円

Amazonサイト

 

アクセルとブレーキの踏み間違い防止に効果的「誤発進抑制装置」

 

アクセルとブレーキの踏み間違いによって起こる痛ましい事故は、社会問題となりつつあります。自動車メーカーも踏み間違い対策に躍起で、軽自動車をはじめとする多彩な車に「誤発進抑制機能」が装備されつつあります。

そんな中、車種別のハーネスキットで電子制御アクセルペダルを持つさまざまな車に装着できる、後付けの誤発進抑制装置が発売されています。とくに運転に自信がない人や高齢者にとっては、とても心強い味方になってくれることでしょう。配線など複雑な作業が必要となりますので、整備工場やプロショップでの装着がオススメです。

T.M.WORKS ティーエムワークス誤発進抑制装置

出典:T.M.WORKS

アクセルペダルを電子制御している車両の、踏み間違い事故を防止する専用装置。作動するのは時速0〜15kmの間で、急激なアクセルペダルの踏み込みに対してアクセルをオフにした状態にキープ。急激な発進による縁石や車止めの危険な乗り越えを防いでくれます。

参考価格:お問い合わせが必要です。
製品サイト

 

ちょっとした心遣いで気分も晴ればれ「サンキューハザードユニット」

 

一時停止の交差点で道を譲ってもらったり、進路変更で車間を空けてもらったり、ドライバーが互いを思いやる優しい運転は事故の低減にもつながることがあります。これまではクラクションを鳴らして意思表示をするのがポピュラーでしたが、最近では日本発のユニークな自動車文化として「サンキューハザード」が広く浸透しつつあります。

これは軽く2~3回、ハザードランプを点滅させることでお礼の意思を後続車に伝えるものですが、車種によってはハザードスイッチに手が届きにくく、そのまま素通りしてしまう場合も。そんなシーンで活躍するのがこのキットです。専用スイッチをワンタッチすれば、数回ハザードランプを点滅させてお礼の気持ちを伝えてくれますよ。バックする時にも自動的にハザードランプを点滅させる機能付きなので、日常的にとても便利で、なおかつ安心感を高めてくれるアイテムと言えそうです。

【GBT】ハザードキットワンタッチサンキューハザードユニットver.2

出典:got

ワンタッチによるサンキューハザードの点滅回数は、約1〜2回から約4回まで点滅時間を切り替えることが可能です。ワイパーレバーの先端などにスイッチを設置すると、ハンドルから手を離さずに素早く「サンキュー!」を伝えることができます。

参考価格:1,980円
Amazonサイト

 

まとめ

運転支援システムの進化はますますスピードを上げながら多様化しています。最新の車たちには安全運転支援機能も充実しており、よりシンプルにより実用的になっています。少しでも安全性や利便性を高めることができる後付けパーツは、愛車とより長く楽しく付き合うためにも、とても魅力的なアイテムと言えるかもしれません。

関連記事

TOP