• facebook
  • twitter
  • rss

料金が値上げの傾向へ…ETCで高速道路料金を安くする方法

料金が値上げの傾向へ…ETCで高速道路料金を安くする方法

2020年に開催される東京オリンピック。その影響で、首都圏内で発生が予想される道路渋滞緩和の政策に、政府や運営委員会が「ロードプライシング」の導入を検討していることをご存知でしょうか。ロードプライシングとは区間限定ながら通常より高くもしくは安く料金を設定して車の流入量の調整を図る政策で、実は開催地から遠く離れた地方ですでに実施されているところもあります。

そこで今回は、ロードプライシングの導入によって、大幅値上げが予想されている首都高速と最近料金の改定がなされた主な高速道路を紹介しつつ、有料道路をできる限り安価に活用するポイントを解説します。

 

値上げ?値下げ?直近の高速道路料金改定傾向をリサーチ!

まずは直近で料金改定が決定、もしくは予定されている路線をピックアップしてご紹介します。数多くの路線があるため、中でも多くのユーザーに影響が及ぶと予想される代表的な料金改定区間を紹介し、リアルタイムで料金がわかる方法もお伝えします。

 

オリンピック期間中は最大3,000円もの値上げ!「首都高速」

東京オリンピック開催期間中の首都高速は、選手村と各会場を結ぶ大切な輸送ルートとなるだけでなく、海外からの観覧客の移動とも重なるため、何も手を打たなければ通常の約2倍以上もの渋滞が予想されます。そこで、これはあくまでも「打開案」でしかありませんが、トラックなどの物流車を除く一般車を対象に、通常料金に一律で300~1,500円、最も混雑が予想される競技時間では500~3,000円もの料金が上乗せされるというロードプライシングの検討が始まりました。

対象となるのは首都高のうち中央環状線及びその内側の区間です。このロードプライシングにより、およそ1割程度、渋滞が緩和すると試算されており、今年度中には導入の是非が決まると言います。世界的なスポーツの祭典を楽しみにしている国民もたくさんいますが、この政策には各所で議論が起きており、「首都高値上げでかえって一般道が大渋滞するのでは?」「1割渋滞減らしても意味がない、単なる資金稼ぎだと思う。」「都民ファーストではなくオリンピックファーストでは」など、利用者を中心に一部では否定的な意見も。

いずれにしても、導入が決定すれば一般利用者のお財布に大打撃ですし、混雑した一般道での走行では日常生活に支障が出たり、事故リスクが高まってしまったりすることが予想されます。

中には値下げ区間もあり!「西日本高速道路」

西日本高速道路では2019年4月1日から一部区間での料金改定が決定しています。1月28日の公式発表によると改定されるのは4路線で、実質的な値上げもありますが値下げとなる区間もあります。

まず、気になるのが値上げ区間ですが、兵庫県神戸市と明石市を結ぶ全長24,3kmの一般有料道路「第二名神道路」を、これまでの一律課金制から対距離料金制に変更したうえで、5,5kmの無料区間が廃止となります。その結果、阪神高速3号神戸線と接続する起点から、終点である明石西ICまでの料金を、従来の320円が480円に引き上がることになります。

ただ、対距離料金制をそのまま反映すると、本来900円にアップする計算になりますが、急な値上げによる交通量の激変を緩和するために値上げ幅は420円抑えられ、値上げ分は未整備の神戸西バイパス建設に利用されます。

また、一律課金制から対距離料金制への移行は他の路線でも実施されますが、前述の第二神明と同じく激変緩和措置が図られました。京都線の油小路線(7.4km)を全線走行すると、対距離料金なら490円になりますが、現在の料金である460円に据え置きに。加えて、大阪府道路公社と奈良県道路公社から同日移管される、第二阪奈(13.4km)を現行料金で全線走行すると820円かかりますが、移管後は700円に実質的な値下げ、短距離区間走行でも値上げになる場合は、現行料金のままとなります。

すばやく正確に最新の高速料金を調べる方法

高速道路をできる限り安く利用する第一歩は、なんといっても最新の区間料金を知っておくことです。構想道路料金を知る術は数多くありますが、公式かつ正確で簡単なツールとして、スマスタでは「Drive Plaza(ドラぷら)」の利用をオススメします。

出発・到着ICと自動車の区分(普通車・軽自動車など)、日時を入力し検索すると、

このようにいくつかのルートを候補にあげ、通常・ETC・ETC2,0の各料金と渋滞を考慮した所要予測時間までを一発で教えてくれる便利なシステムです。なお、紹介した画像はパソコン版ですがスマホでも検索可能なので、ドライブ計画を練る参考にぜひしてみてください。

 

やっぱり高速道路はETCの利用が一番お得!さらに節約する方法3選

ドラぷらを見てもわかるように、高速道路を安く利用したい人には「ETC」は必須アイテムです。ETCを使えば、料金の割引だけでなく料金所で財布からお金を出したり、おつりや領収書を受け取ったりする手間も省けますし、ネットで利用履歴を再確認することも可能です。

しかし、普及が拡大したため「上限1,000円で高速道路乗り放題」というような極端な割引きは現在ではなくなり、前出した区間の場合でも約7%の割引率に留まっています。

とはいえ、以下で紹介する3つの攻略法を駆使すれば、もっとお得に高速道路料金を大幅節約することができますので、ぜひ実践してみてください!

攻略法その1 ETCマイレージサービスに登録すべし!

ETCで高速料金を支払う場合、「時間と曜日」に配慮するだけで支払額が変わることをご存知でしょうか?たとえば、高速道路に入った、もしくは出る際にETCカード決済した時間が、平日の6:00~9:00または17:00~20:00の場合、「平日朝夕割引」が適用されます。

そして、割引対象となる区間の利用回数が1カ月間に5~9回の場合は30%、10回以上の場合は50%相当分が高速料金支払いに利用できる、「ETCマイレージポイント」として還元されます(5回以下の利用は対象外・適用上限100km)。

感覚的には、JALやANAのマイレージサービスと同じようなもので、事前にサービスへの登録が必要です。WEB申し込みはもちろん、料金所やSA・PAに置いてある申込書の記入と郵送でも登録できるので、まだ登録がしていない方はぜひ申し込んで活用してください。ただし、東京・大阪近郊の高速道路は適用外となっているほか、ポイント還元もされません。

攻略法その2 深夜・休日割引をフル活用すべし!

曜日を問わず0:00~4:00にETCを利用して高速道路へ出入りした場合、「深夜割引」が適用されます。さらに、土・日・祝日及び毎年1月2・3日の場合も、出入り問わず「休日割引」が適用され、いずれの場合も30%高速料金が割引されます。

この2つの割引制度はマイル還元ではなく単純な割引サービスなので、「ドラぷら」で確認するとリアルタイムかつ正確にわかります。先ほど示したのは、「2月18日(月)午前9時40分出発」の条件による検索結果でしたが、これを深夜割引対象の「同日4時出発」に切り替えると、

 

ご覧の通り、6,340円だったETC料金が一気に「4,440円」にまで下がりました。また同様に、出発日を1日前の2月17日(日)と入力すると、

 

最初の条件と全く同時刻なのにもかかわらず、4,440円で高速が利用できることがわかります。

いずれの場合もマイレージサービスへの事前申し込みや登録は必要ありません。出発・到着時間を調整するだけで割引が受けられるので、ユーザーは早起きや計画的な移動スケジュールを組むことぐらいです。この割引制度は出発のみならず、目的ICに到着した時点の時間・曜日も対象となるため、以下の時間も対象となります。さらなる割引の恩恵を受けたい方は、スケジュールを上手に組んでお出かけしてくださいね。

  • 日中出発→深夜到着
  • 金曜日出発→土曜日到着
  • 深夜出発→日中到着
  • 日曜日出発→月曜到着

なお深夜割引については、NEXCO東日本の京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路、NEXCO西日本の第二神明道路、関門トンネル以外の区間に割引が適用されます。主に地方部が対象となっていて、大都市近郊の高速道路は対象外なので、紹介したドラぷらで事前に割引の対象となるかを確認しましょう。

 

攻略法その3 新システム「ETC2.0」対応区間を選ぼう

NEXCO東日本エリアの「圏央道」のみが対象ですが、ITSスポットでの渋滞回避支援や安全運転支援などが追加された、従来ETCのバージョンアップ型「ETC2,0」限定の割引制度があります。これまで出発・出口のICが同じなら、経路を経由してもトータル料金は同じでしたが、ETC2.0を搭載した車の場合は、圏央道を使うとその区間の料金が約20%割引されるので、付近を通る場合はどこを通過すれば安上りなのか、事前にチェックしておきましょう。

 

ETC非搭載車の料金節約術はある??

ETCやETC2,0を搭載しETCカードで決済する場合は、前述した3つの攻略法を駆使することで高速料金の節約が可能です。非搭載車の場合は直接的に料金を節約する方法はありませんが、主要高速道路の一般レーンでは、現金以外にクレジットカードでの決済ができます。お店での買い物同様、利用料金に応じてポイントがたまりますので、車載器が無いけどクレジットカードなら持っているという方は、ぜひカード決済をチョイスしてください。

ただ、ETCは従来型なら車載器・取付工賃・セットアップ費用込みで、安い所なら1万円以内で利用できるうえ、クレジットカードを所有しているなら、もれなくETCカードを無料で簡単にゲットできます。ためしに、東京~福岡間の往復高速料金を、深夜割引が適用される条件で調べたところ、ETCありでは30,620円、ETCなしでは44,640円でした。なんと、その差額は14,020円にも達します。長距離ドライブをする予定がある、または長距離ドライブが多い方であれば、いっそのこと購入してしまった方が後々お得になると言えるかもしれません。

 

まとめ

ETC車載器は登場当初より価格帯もリーズナブルになり、取り入れやすくなっています。GWや夏休みなどを利用したロングドライブ旅行を計画中なら、ETCの導入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

TOP