• facebook
  • twitter
  • rss

最近増えてきたドライブレコーダー特約付き自動車保険を比較してみた!

最近増えてきたドライブレコーダー特約付き自動車保険を比較してみた!

自動車保険には、加入時に選ぶことができるさまざまな「特約」が用意されています。中でも最近、保険会社各社が取り組み始めている新しいサービスが「ドライブレコーダー特約」(通称ドラレコ特約)です。この保険は保険会社が高機能なドライブレコーダーを加入者にレンタルすることで、ドラレコ特約ならではのサポートを受けることができます。

昨今のあおり運転事故、飲酒運転事故などで事件の原因を突き止めた映像がメディアに露出したことから、ドライブレコーダー導入への意識が高まっていることも理由のひとつと考えていいでしょう。

一般的な保険とはどう違うのか、どのようなメリットがあるのか、今後ドラレコを取り付けようと考えている方もこの記事を読んで検討いただければと思います。

 

ドラレコ特約には割引はある?

一般的な「ドライブレコーダー特約」とは、高機能ドライブレコーダー(国内有名メーカー製)が毎月定額でレンタルされることで、事故対応と安全運転支援・安全運転診断なども含めたサービスが提供されるという特約です。

はじめにお伝えしておかなければならないのが、ドラレコ特約をつけたからといって、保険料の割引が受けられるわけではないということです。もともと「特約」とは、基本保障ではフォローしきれない状況に対してオプション的な保障をつけるもの。ドラレコ特約ではその対価が、毎月定額の端末レンタル料となっています。

ドライビングレコーダー自体は事故が起こった前後の状況を動画で記録することができるため、事故原因の特定や過失割合の調整に利用することができます。ただし、それが直接的に事故や損害の減少につながるものではないために、ドラレコを装着しているからといって保険金額の割引対象にはならないのです。また、通販型自動車保険には現時点でこの特約が設定されていませんし、長年、リーズナブルな保険に加入してきた人にとっては、保険金額が多少割高に感じられるかも知れません。

 

特約付きドライブレコーダーはどんな役に立つの?

コスト重視で考えるなら、保険は手軽な通販型を利用し、量販店が扱っている安めのドライブレコーダーを自分で取りつければいいのでは、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、ドラレコ特約として保険会社がレンタルするレコーダー端末には、とくに運転に慣れていない人や高齢者ドライバーにとって頼り甲斐のある特別な機能が付帯しています。

ドライバーの運転状態をチェックしてくれる

それが、画像を撮影し記録するだけではない「テレマティクス」と呼ばれる双方向通信機能です。これはドライブレコーダーの端末をとおしてサービスセンターが常にドライバーの運転状態をチェックしてくれるというもので、万が一の事故が起きてしまった際は記録した画像を自動的に転送してくれます。さらにサービスセンターから直接110番や119番、そしてロードサービスに通報するとともに、運転者に対する語りかけといった安否確認まで行ってくれます。

事故を起こしてしまった時は、ベテランのドライバーでさえもなかなか冷静に対応するのは難しいことです。このテレマティクスサービスならば、事故直後から適切な対応をサポートしてくれますし、GPSを利用して事故の正確な現場を緊急車両などに伝達することも可能です。

安全運転診断で安全意識と運転スキルが向上する

このテレマティクス機能が役に立つのは、事故の時だけではありません。日常的に運転状態をモニタリングしている機能を生かし、安全運転支援の効果も期待できるのです。前方車両との車間距離が不十分だったり、道の端に偏ってしまったりした時に警告音で知らせてくれる機能を備えたモデルもありますし、安全運転診断を受けて改善点を可視化できるなど、快適なドライビングに向けたあらゆるサポートを行ってくれるのです。安全運転診断は安全運転への意識の高さや運転テクニックを計測して蓄積し、診断レポートとして運転技術の向上につながるアドバイスまでしてくれるというもの。苦手箇所が明確になれば、運転の改善やスキルアップが目指せそうですね。

なにより、「見られている」ことを意識すれば、自ずと運転意識が高まります。将来的にはそうした安全運転適性についてのデータを生かして、危険度の少ないドライバーに対する保険料率の割引実施が期待できるでしょう。

 

今、加入できるドラレコ特約付保険を比較してみた

ドラレコ特約を展開している保険会社は2019年2月時点で、3グループ4社のみです。

画像の鮮明性や形状といった端末そのものについては、本体のモニターのあるなしを除いて大きな差はありません。ただし端末のレンタルを含む特約付与の料金は、東京海上日動のみやや廉価に設定されているようです。

一定以上の衝撃を伴う場合の事故対応についても、センターへの通知や映像送信はすべて自動、センター側からは安否確認の連絡とともに110番、119番への通報やロードサービスの手配を行ってもらえます。損保ジャパン 日本興亜の「DRIVING!」は、ALSOKがいち早く現場に急行し、事故相手への対応もしてくれるサービスが。

もしもの時に心強いサービスです。安全運転の啓蒙につながる診断レポートの提供も、4社すべてが対応していますが、ドライブ中の支援機能には一部に違いがありました。前方車両に接近しすぎたり衝突可能性がある時の警告は基本的に全社が採用していますが、片側に寄りすぎたり車線を逸脱しそうになった時のアラートは、「DRIVING!」では対応していません。以下、それぞれのサービスと特徴です。

東京海上日動「ドライブエージェントパーソナル」

2017年4月から提供をスタートした東京海上日動の「ドライブエージェントパーソナル」。運転中の天候や時間帯、ドライバーの運転特性まで加味して、事故を起こしやすいエリアなどに接近した時に警告してくれます。アクセルやハンドル、ブレーキなどの急な操作についても、アラートで注意を喚起する機能があります。

損保ジャパン日本興亜「DRIVING! 〜クルマのある暮らし〜」

2017年4月から5,000台限定で提供を始め、2018年1月から特約として本格展開してきたのが、「DRIVING! 〜クルマのある暮らし〜」。収集した運転データをもとに、ドライバーのクセをわかりやすく提示する「運転診断レポートRodeco(ロデコ)」は、毎月更新されます。認知機能チェックなどセルフトレーニングコンテンツなどが充実しているので、運転技術を磨くのにも役立ちそうです。

三井住友海上「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」/あいおいニッセイ同和損保「タフ 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」

後発として2019年1月からサービスを開始したMS&AD インシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」とあいおいニッセイ同和「タフ 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」は、高速道路の逆走や指定区域外を走行した時のアラートにも対応しています。ドライバー本人だけでなく、家族も一緒に専用ポータルサイトで運転診断をチェックすることができます。高齢ドライバーには任意で指定したエリアから出てしまった場合に警告するシステムも採用していますので、一人でのお出かけが不安な場合は利用してもいいでしょう。

 

まとめ

事故対応などの各種機能については、テレマティクスの通信機能を生かした自動更新やバージョンアップが行われます。加入を検討する時には、保険の金額だけでなくそうした機能面の進化についても、しっかりチェックしておいた方が良さそうですね。

関連記事

TOP