• facebook
  • twitter
  • rss

新車購入時の「下取り」で注意したい3つのポイント

新車購入時の「下取り」で注意したい3つのポイント
いつまでも安全に。スマホで見守る、家族の運転。| SmartDrive Families スマートドライブ ファミリーズ

「少し燃費が落ちてきたし、そろそろ車を買い替えようかな」「子どもも大きくなってきたし、車の乗り換えを考えよう」…。ライフステージやタイミングによってやってくる、車の買い替え時期。

そこで、少しでも安く購入すべく、今乗っている車を下取りに出して、査定分を本体価格から減額してもらおうと考える方もいるはず。しかし、知識ゼロの状態ですべてディーラーまかせにしてしまうと、思わぬ損をすることも少なくありません。

この記事では、新車購入時に下取りを依頼する時に注意すべきポイントをお伝えします。下取り前に、ぜひご一読を!

 

ポイント1    下取り査定額は値引き額と合算で提示される

目当ての新車を購入しようとディーラーへ向かい、商談が進んだとしても、下取り車があることを真っ先に伝えないようにしましょう。なぜなら、新車を少しでも安くおトクに購入するために、頑張って担当者と値引き交渉をする時に下取り車の存在が邪魔になってしまうからです。

ディーラーで下取りする際は、車体価格から査定額と値引き額を合算して減額することになっています。たとえば、下取り査定額が45万円で値引き額が5万円だった場合、「新車価格-50万円」と見積書に記載されますが、購入者目線で見ると、どこまでが下取り査定額でどこからが交渉の結果得られた値引き額か、境目がわかりにくくなってしまうのです。

値引額は車種やグレード、カラー、購入時期などによって異なるものの、担当者には数万円単位で限度額の幅が与えられています。そのため、ディーラーとしては利益を上げるために、できる限り値引きを抑えて契約を取りたいと考えますが、下取り車を値引き交渉前に査定してもらうと、その査定額を具体的な値引き額を購入者にわかりにくくすることにされかねないのです。

前述した新車値引き額の限度額は、下取り車の有無に関わらず、担当者との交渉次第で決定します。そのため、下取り車があるから値引きが増えたり、下取り車が無いから値引きが減ったりするものではありません。また、下取り査定額も値引き交渉の結果に左右されるものではないため、①先に値引き交渉を頑張って限度額に近い値引きを引き出し、②契約直前になって下取り車があることを伝えることが、よりおトクに購入できるステップだと言えるでしょう。

 

ポイント2   下取り手数料を見てみよう

新車購入時に下取り査定を受けると、新車価格の見積り書には「値引き+査定額」とは別に、「下取り手数料」という項目が、諸費用の中に追加されることがあります。内訳は次のようになっており、ひとくくりにされた状態で請求されることが多いようです。

1. 下取り査定料:車を査定してもらうだけで発生する料金ですが、最近では取らないところも多くなっています。

2. 下取り登録代行料:下取りした車の名義変更手続きなどを、ディーラーが代行する料金です。

3. 下取り車引き取り手数料:新車納車時に下取り車を引き取ってもらう費用で、納車に際し販売店に取りに行けばカットできますが、自走しない車の場合は車載車手配費用が追加され、高額になるケースも。

相場感的には1万5千円~2万円ほどが追加で請求されますが、中には少しでも安く新車を購入しようと下取りへ出したのに、追加費用を払うなんて…と思う人もいるはず。

そう感じた方は契約書にサインする前に「下取り手数料って意外とかかるんだなあ」とつぶやきながら、一瞬ためらう姿を見せてみましょう。手数料とはいえ、大幅にコストがかさむわけではないため、案外簡単にカットしてくれることもあります。ぜひ、試してみてくださいね。

 

ポイント3 下取り査定額は買取査定額より低水準

最後に解説するポイントは注意点ではなく、あくまで提案のひとつとしてお考えください。
まったく同じ中古車であれば、下取りより買取の方がより多くの売却益を得ることができるため、ディーラー下取りのほかに、ガリバーやビッグモーターなど、買取に特化したお店で査定を受けて売却することも選択肢のひとつに入れてみてください。

1990年初頭までの買取業界「黎明期」は、少々強引な営業をする買取業者も多く、女性や年配の方は利用しづらいイメージがありました。しかし、最近ではカフェのような明るい佇まいの買取店も増え、スタッフも柔らかな接客のため、安心感や信頼性も新車ディーラーと並ぶまでに向上しています。

中古車は車種・年式・状態によって、下取りと買取相場が猫の目のように変化するため、断言できるものではありませんが、ディーラーでの下取り査定額が「100万円」なら、数店買取チェーンで交渉を頑張れば、+8万円~12万円の上乗せが期待できます。

ディーラー下取りの場合は「新車本体価格の相殺」という用途に限られますが、買取で得たお金は新車購入時の「頭金」に転用しても良いですし、貯蓄して車検などの維持費に充ててもいいですし、これを機にカーリースに変更するなど、より幅広い選択肢から車とのおつきあいを選択することができます。お得に車を手放すにあたって、買取という選択肢もアリだということを基本知識として覚えておきましょう。

 

まとめ

最後に買取について触れましたが、中にはいまだ買取専門店でトラブルに遭遇したという声や、クレームの声も少なくはありません。そのため、トヨタや日産、ホンダ、マツダなど、名の知れた大企業の販売店での下取りは、安心感や信頼性があるため、査定額が希望より低くても、下取りを依頼するユーザーも多くいます。

この記事を参考に各々のメリット、デメリットを見極めて、よりお得で心地良い買い物をしてくださいね。

新車が毎月定額 ALL in One 車と期間を選ぶだけ、webで簡単マイカー選び | SmartDrive Cars

関連記事

TOP