• facebook
  • twitter
  • rss

カラフルな早春の彩りを楽しむ!南房総フラワードライブ

カラフルな早春の彩りを楽しむ!南房総フラワードライブ

この企画では家族とのドライブがもっと楽しくなるドライブコースをお伝えします。

首都圏からも近い千葉県の房総半島エリアは、季節ごとに色めく木々や花々を愛でることができる、魅力満載のドライブルート。このエリアは都心部よりやや早めに温暖な空気がやってくるため、2月〜3月になると柔らかな黄色の菜の花、愛らしく揺れるポピーなどが花畑をカラフルに演出します。

心が踊るような華やかなお花たちを見に、家族みんなでお出かけしませんか?

 

春を先取り!房総半島ぐるりと巡るフラワードライブ

房総半島は、1週すると650kmもある大きな半島です。海を見渡せる絶景ポイントや、家族揃って楽しむことができる公園がたくさんありますが、今回は春の花を思う存分堪能するコースをご提案します。早速ドライブをスタートしましょう!

今回のルート
「東京湾アクアライン」→「富津岬」→「白間津のお花畑」→「鴨川の菜な畑ロード」→「スーパー回転寿司やまと 館山店」→「ポピーの里 館山ファミリーパーク」→「野島埼灯台」

東京湾アクアライン経由で「富津岬」へ

千葉県に向かう際は東京湾アクアラインの利用が便利。東京湾の中央部を横断する全長15.1kmの自動車専用有料道路で、川崎から木更津までは混んでいなければたった15分で到着します。時短にもなりますし景色も良いのでおすすめです。

東京湾アクアラインを降りたら国道16号線を木更津市内方面に向かいます。木更津の市街地は賑やかな街並みで信号も多いので、焦らずに安全な走行を心がけましょう。30分ほど走っていると富津岬に到着します。

富津岬の先端には五葉松をデザインに取り入れた、斬新な形の展望台があります。正式名称は「明治百年記念展望塔」と言い、晴れている日であれば高さ21.8メートルの展望台から東京湾はもちろん、三浦半島や富士山まで望むことができます。

【施設情報】
富津岬
営業時間:24時間
入場料金:無料
住所:千葉県富津市富津2280
http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000524.html

 

目の前には花のじゅうたん!

初めのフラワースポットは白間津のお花畑です。

千葉県南房総市千倉にある白間津のお花畑は、国道410号線沿いに咲く花と潮風に包まれた絶景スポット。お花は毎年2月から3月が最盛期で、ポピー、キンセンカ、ストックなどの花が咲き揃い、花摘みも楽しむことができます。赤、白、コーラルピンク、パープルにオレンジ…カラフルなお花のじゅうたんは、見飽きることがありません。温暖な気候の中で元気よく咲く花たちに元気をもらいましょう。

【施設情報】
白間津のお花畑
営業時間:平日9時00分~日没まで
入場料金:無料
住所:千葉県南房総市千倉町白間津
https://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_kaniHP/info.asp?uid=205&p=7

 

ふわりと広がる癒しのイエロー

次に訪れたいのが、早春の鴨川に一万坪の菜の花畑が広がる「菜な畑ロード」です。房総スカイライン、または鴨川有料道路経由であれば、鴨川警察署の交差点を左折。道なりに進むと看板が表示されて、現地へと導いてくれます。

とにかく、見渡す限り菜の花で埋め尽くされ、まるで物語のワンシーンを見ているようなとてもロマンティックな空間が視界に広がります。フォトジェニックな場所で素敵な写真をたくさんおさめてくださいね。2019年は3月10日までの開催です。

【施設情報】
菜な畑ロード
営業時間:9時30分~15時
入場料金:無料(お花摘み体験は一人10本150円)
住所:千葉県鴨川市広場2163付近
https://nanabatake.jp/#s3

 

ランチに行きたいのは「スーパー回転寿司やまと 館山店」

房総では知らない人はいないほど有名なスーパー回転寿司のお店です。先ほど通った木更津ほか10店舗ありますが、今回は館山にある本店に立ち寄ってみましょう。

メディアにも数多く取り上げられている大人気店の1号店です。回転寿司ですが、魚場直結が売りの新鮮な地魚が目一杯並ぶ店内では、キンメや特大アナゴなど、房総の海の幸をしっかり堪能できますよ。

【施設情報】
スーパー回転寿司やまと 館山店
営業時間:11時00分~21時30分
駐車場:45台
住所:千葉県館山市北条1321-12
http://yamato-f.jp/store/

美味しいお寿司でお腹がいっぱいになったら、ポピーの里 館山ファミリーパークに向かいます。お店からは車で15分ほどですが、館山市内を通り抜けるため、時間帯によっては少々混雑することもあります。

 

春の訪れをお花で感じる!「ポピーの里 館山ファミリーパーク」

ここには、関東最大級10万株のポピー畑が広がっています。菜の花・キンギョソウ・ストック・ひまわりなど、1年を通してさまざまな花々が広がり、摘み頃には花摘みをして可愛いお花たちをお家に持ち帰ることも可能です。

花やハーブを使って、リースやキャンドル、ハーバリウムなど、さまざまな手作り体験ができるので、楽しい旅の思い出を持ち帰ってもいいですね。

ポピーフェスティバルは、毎年12月~5月の連休の時期まで開催されています。

【施設情報】
ポピーの里 館山ファミリーパーク
営業時間:8時30分~17時30分
入場料:大人530円 子供350円
住所:千葉県館山市布沼1210
http://familypark.jp/

のんびりと春のお花を楽しんだら、房総半島最南端にある灯台「野島埼灯台」へ向かいましょう。

 

房総最南端の「野島埼灯台」でまったり夕焼けを望む

房総最南端にある野島崎灯台は、1869年にフランス人技師、ウェルニーの設計でつくられた日本最初の洋式8灯台のひとつ。日本で2番目に古い灯台は「白鳥の灯台」とも呼ばれ、日本一早く初日の出を見る場所としても知られています。

眺望バツグンのこの場所で、空を赤く染める夕日をゆったりと眺めましょう。灯台近くの岩の上には白いベンチがポツンとあります。房総半島からの日の出を見ることのできる名所のベンチですので、記念撮影にもぴったりです。

【施設情報】
野島埼灯台
灯台営業時間:8時30分~17時30分
入場料:大人200円 子供無料
住所:千葉県南房総市白浜町白浜

 

春の房総半島ドライブまとめ

少し早く春がやってくる房総半島は、2月や3月でも暖かく小さなお子さまとのドライブにも最適です。ふんわりと優しい花々は、心も豊かにしてくれるはず。今回は三箇所のフラワースポットをご紹介しましたが、房総半島にはまだまだ見所がたくさん。

今回のルートをアレンジして、いちご狩りやシーカヤックなど季節と一緒に楽しんでくださいね。

関連記事

TOP