• facebook
  • twitter
  • rss

運転情報の9割は目から。運転速度と視野との関連性

運転情報の9割は目から。運転速度と視野との関連性
いつまでも安全に。スマホで見守る、家族の運転。| SmartDrive Families スマートドライブ ファミリーズ

視野とは、目を動かさない状態で見える範囲のことを言い、静止状態であれば左右それぞれで160度、両目で見た場合は200度ほどだと言われています。観察力や判断力が高く、考え方の柔軟な方を「視野が広い人だ」と良い意味でほめることもありますが、自動車の運転においても視野の広さは、安全運転につながる非常に重要なポイントです。

自動車は何十kmものスピードで走行するため、速度が増すたび視野が狭くなります。運転時の情報は90%近くが視覚から入るので、速度と視野の相関関係をしっかり理解していなければ、安全が守られなくなります。

今回は運転速度と視野との関係性と、事故のリスクを下げる有効な対策についても紹介します。

 

運転速度が上がると想像以上に視野は狭くなる

ヒトの視野は、注視したポイントから左右5度程度の「強視力領域」と、その周辺でフォーカスがぼんやりとしている「周辺視領域」で成り立っています。ドライバーは、離合する車・歩行者・信号などに目を移した時に強視力領域で詳細な情報を入手しつつ、周辺視領域で大まかな状況を把握・判断しながら運転をしています。

速度が上がると、狭まってくるのは主に周辺視領域です。個人差はありますが、時速40kmでも静止時の半分近くである約100度、時速70km時では65度、時速100kmでは1/5程度の40度にまで狭まってくるのだとか。40度と言えば、力いっぱい手で「Vサイン」を作ったときの、人差し指と中指が作る角度程度です。

ですので、鼻先にVサインを持ってきてその延長線上の範囲しか、時速100km走行時は「見えていない」ということになります。時速100kmのときは道路のあちこちに潜む危険を察知する能力が大幅に低下するとともに「動体視力」による危険察知能力も大きく減退することになります。

たとえば、止まっている蚊は退治しやすいのに、素早く飛び回っている蚊を退治するのは難しいですよね。これは動体視力が影響しているためですが、運転に置き換えると「歩行者<自転車<自動車」の順に動くスピードが上がるため、発見と回避行動が遅れがちになります。つまり、車のスピードがアップすると視野を確保できる低速走行時より、事故へつながるリスクが飛躍的に高まってしまうのです。

 

最善の対策は速度を下げること

先ほどご説明したように、視野の狭まりと動体視力の低下を考慮すると、運転中に「見づらい」と感じた場合は、気づき次第、法定速度の範囲内で速度を落とした方が安全だと言えるでしょう。時速50kmで走行する車は1秒当たり約14m進みますが、これが時速80kmになると約22m、時速100kmへ達すると約28mも進んでしまいますから、危険を察知した時には、すでに回避行動が間に合わないケースも出てくるからです。

また、速度に関わらず車には死角があります。運転席からミラーを見るとわかるかもしれませんが、左側後方の死角は広く、車やバイク、自転車や歩行者などが確認しづらくなります。見えづらい、見えなくて不安だと思ったときは少し速度を緩めましょう。そうすることで、じかに顔を向けて肉眼で目視することができ、適切な回避行動が取れるようになります。

 

自身の視力や年齢を踏まえて

視野や動体視力は車の速度だけではなく、ドライバー自身の視力によっても変わります。一般的には視力が良い方が視野は広く、動体視力的に優れていることが多いようです。運転免許の取得・更新時に必ず視力検査を受けるのも、「安全な走行ができるか」を判断するためです。

普通自動車免許を取得時に、視力が両眼で0,7以上、片眼でそれぞれ0,3以上なければ、不合格となりますが、メガネやコンタクトを着用した時の矯正視力が、上記の基準を満たせば合格とされます。その場合、運転免許の条件欄に「眼鏡等」と記載され、補正なし、または裸眼で運転した場合は、違反点数2点と反則金7,000円が課せられます。

また、眼鏡等が条件になっているのに裸眼で運転をして事故を起こすと過失割合が大きくなり、さらには自動車保険の支払いが減額されることもありますので、必ず着用したうえで運転をするようにしましょう。また、高速道路や流れの早い幹線道路などの車速が上がる場面では、運転免許で装着が義務付けられていなくとも、視力に不安のある方は眼鏡やコンタクトを着用しましょう。

また、ヒトの視野は30代をピークとして、年齢を重ねるにつれ狭くなります。全日本指定自動車教習所協会連合会の行った調査によると、ピーク世代の平均値が175度であるのに対し、60代では約158度、70代に入ると約150度にまで視野が狭くなるそうです。加齢による体力や視力の低下は誰もが避けて通ることのできないものですが、高齢ドライバーほど、眼鏡などを着用のうえで速度を控えめにしたり、視力検査をこまめに行ったりして、安定した視界を確保できるようにしましょう。

 

視野を確保するために有効な対策

速度を遅くするといっても、車道にはそれぞれ安全とされる速度帯が決められており、遅いとかえって危険になる場合もあります。また、視力の矯正をしても、走行中の視野の狭まりや死角を完全に食い止めることは難しいとされています。しかしながら安全な走行には視野の確保が必須ですので、ここでは、簡単にできる有効な対策をご紹介します。

安全装備のついた車種を選ぶ

最近ではどの新車にも安全装備が搭載されています。視力や視野に自信がない・低下してきたと感じる方であれば、アラウンドビューモニターやセンサーアラームなど、視野確保や危険察知、警告機能を有する、先進安全装備がついた車を選ぶのもひとつの手です。多少の購入コストはかかりますが、頻繁に高速道路を利用する方や、シルバードライバーの皆さんにとっては、安全な走行をサポートをしてくれる心強い存在となるでしょう

「キープレフト」の徹底

道路交通法で規定され、教習所でも習うのがキープレフトの原則。これは、「車(バイク)は道路を通行するとき、道路の左側に寄って通行するべきだ」というものですが、徹底することで次の2つのメリットを得られます。

1. キープレフトが徹底されることで、単車線道路において対向車との間隔が広がり、圧迫感なくお互いが走行できます。さらに死角にバイクや自転車などが入り込みにくくなるので事故防止にも役立ちます。

2. 高速道路や幹線道路など複数車線の走行時、最左レーンを走行する車線単位のキープレフトを徹底することで、万が一の際右側車線を「回避場所」として、活用することができるのです。

長い間ドライバーをしていると、運転に慣れてついつい忘れがちになるキープレフト。極端な話をすると、高速道路の追い越し車線をいつまでも走行し続けた場合、キープレフトの原則に沿っていないと判断され、違反切符を切られることもあります。

補助ミラーを活用する

死角はミラーに移り込みにくい箇所に発生します。そこで活用したいのが、カー用品店や通販で簡単に手に入る、補助ミラーです。ミラーで確認できる視界を広角化してくれるので、ルームミラー・サイドミラーの双方で優れた視界カバー力を発揮します。誰でも簡単に取り付けができ、数百円程度のリーズナブルな価格帯から販売されているので、愛車に装着して視界確保を図るのも、有効な対策となります。

 

まとめ

運転速度と視野は想像以上に関連性が深く、見通しの悪い道路や単独車線の道路ほど、法定速度が低く設定されているのは、この点が大きく影響しています。速度超過をしないことが前提条件ですが、ご紹介した視野確保と死角軽減対策を組み合わせれば、安全かつ楽しい運転が実現できるはずですので、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事

TOP