70歳以上は義務化!『高齢者講習』の種類と内容って? | Smartdrive Style

道路交通法の改正で、1998年から70歳以上の高齢者が運転免許の更新時に高齢者講習を受けることを義務化されました。また、75歳以上は認知機能研修も受講しなくてはなりません。それぞれの内容や持参すべきものをまとめてご紹介します。

 

視力や反射能力を始めとする身体機能の低下だけでなく、認知症の高齢者による交通事故が増えています。視力や体力はうっすらと自覚症状があっても、認知症は本人が自覚するのが難しいもの。そのため、高齢者自身に運転能力や技能水準を自覚してもらうという目的で高齢者講習の実施が義務付けられるようになりました。

70〜74歳までは2時間の高齢者講習、後期高齢者と呼ばれる75歳以上の高齢者は認知機能検査と高齢者講習を受講しなくてはなりません。そこで万が一認知症と判断されれば免許取り消しまたは停止処分とされます。

 

70〜74歳までは高齢者講習のみ

通常の免許更新は更新期間の満了日、つまり、誕生日の前後1ヵ月間で行わなくてはなりませんが、高齢者講習は、更新期間満了日の6ヵ月前から受講することができます。誕生日を起点に考えると誕生日から5ヵ月前から受講できる、ということです。

受講可能な場所は地域によって若干異なりますが、基本的には自動車教習所または運転免許試験場で行います。住所地以外の都道府県で受けることもできますが、受講は優良運転者のみに限られ、「シニア運転者講習」を開催しているかを確認して受講しなくてはなりません。高齢者講習には次の5つの種類があります。

1.高齢者講習

免許更新時に受ける一般的な講習。ビデオと講習で交通規則や安全運転に関する知識を再確認し、動体視力や夜間視力を測定するほか、実際に車を運転し指導員から運転技術について助言を受け、危なかった点などについて話し合います。試験ではないため、終了したら高齢者講習証明書が交付されますが、これは免許の更新時に必要なものです。

2.シニア運転者講習

住所地以外の方でも受けることができる講習です。内容は高齢者講習と同じになります。

3.チャレンジ講習

普通車に乗って、教習所コース内で運転する講習(試験)です。評価点が70点以上であれば合格となります。簡易講習と併せて受講することで、高齢者講習にかえることが可能です。ただし、70点未満だった場合は再度チャレンジするか、ほかの講習を受講しなくてはなりません。手数料は安いですが、実地場所が少ないため、受けることができる教習所を確認しましょう。

4.特定任意高齢者講習(簡易講習)

チャレンジ講習で70点以上が取れたら受講できます。

5.運転免許取得者教育

運転技術の向上などを目的にした講習。この講習を受講すれば、高齢者講習は免除されます。

講習に関する所要時間や内容、手数料

講習 所要時間目安 講習の内容 手数料
高齢者講習 2時間 座学・運転適性検査(60分)
実車(60分)
5,100円

3時間の場合7,950円

高齢者講習(小型特殊免許) 1時間 座学・運転適性検査(60分) 2,250円

2時間の場合4,450円

シニア運転者講習 2時間以上 座学・運転適性検査(60分以上)
実車(60分以上)
5,100円

3時間の場合7,950円

チャレンジ講習 30分程度 実車による試験(30分) 2,650円
簡易講習(チャレンジ講習で70点以上の方) 1時間以上 座学(30分以上)
運転適性検査(30分以上)
1,800円
運転免許取得者教育 2時間以上 座学・運転適性検査(60分以上)
実車(60分以上)
教習所毎に異なりますので受講前にご確認ください。

実地運転は主に信号停止、一時停止、クランク、Sカーブが難なく行えるかをチェックします。

運転適性検査の内容は、静止視力・動体視力・夜間視力を測定する視力検査、単純反応と選択反応を見る反応検査、そして高齢者が起こしやすい事故例や交通ルールをまとめたビデオ鑑賞を含みます。

各高齢者講習を受ける日は、「免許証更新のための講習のお知らせ」と書かれたハガキ、運転免許証、手数料、筆記用具を持参してください。

 

75歳以上の高齢者講習

75歳以上の高齢ドライバーは通常の高齢者講習に加え、認知機能検査も受けなくてはなりません。認知機能検査は2009年6月から義務付けられたものです。この検査で認知症のおそれがある人のうち、臨時適性検査で認知症とされた場合や医師に認知症と診断されれば、免許取消し・停止処分となります。

認知機能検査は、検査を希望する最寄りの講習所に直接電話で予約をします。予約制なので、当日直接行くことはできません。講習通知書のハガキに教習所名と所在地、電話番号が書かれていますので、確認してから電話をかけ、予約を取りましょう。認知検査は手数料に750円がかかり、30分程度で終わります。当日検査を受ける際には、通知書のハガキ、手数料、筆記用具、必要な方は眼鏡を持参してください。

認知機能検査とは、自分の判断力と記憶力の状態を知るための大事な簡易検査です。時間の見当識、手かがり再生、時計描画の3つの検査が行われます。

・時間見当識
検査時の年月日、曜日、時間を回答します。

・手がかり再生
16種類の絵を記憶して、何が描かれていたかを回答。はじめはヒントなし、その後ヒントありで回答することができます。

・時計描画
時計の文字盤を描き、指定された時刻を表す針を書きます。

検査終了後に採点が行われ、その点数に応じて、「記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある)」、「記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)」、「記憶力・判断力に心配がない(認知機能の低下のおそれがない)」と判定されます。そこでもしも、結果が「記憶力・判断力が低くなっている」だった場合は、警察から連絡があり、臨時適性検査(専門医による診断)を受ける、または医師の診断書を提出することになります。その結果、認知症であると診断された場合には、聴聞等の手続きの上で運転免許が取り消される、または停止されます。

この認知検査とは別で、75歳以上のドライバーは信号無視、逆走、一時不停止、通行禁止違反などの特定の交通違反をした場合は、臨時認知機能検査を受けなくてはなりません。内容は上記の認知機能検査と同じです。この検査で、前回と比べて「記憶力・判断力が低くなっている」と判断された場合、ドライブレコーダーの運転映像記録に基づいて指導などを受ける「臨時高齢者講習」(2時間、5,650円)を受講する必要があります。ここで、運転を継続する意思がない場合は、運転免許の自主返納をします。

事故を防ぐためにも、必ず受講を!

年々増加傾向にある高齢ドライバーによる交通事故。中には、事故を起こした後に、認知症が判明するというケースもあるようです。記憶力や判断力、認知力の低下が原因で事故を起こさないためにも、講習をしっかり受けて安全運転への意識が高まるようにしましょう。

Visited 1 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました