• facebook
  • twitter
  • rss

車種によってこれだけ違う!? 消耗品価格リストと比較

車種によってこれだけ違う!? 消耗品価格リストと比較

精密機械であるクルマには、ゴム製のパーツから、オイル、機械部品など、さまざまな部品で組み立てられています。クルマが走れば走るほど、これらの部品類は劣化してしまうため、定期的にメンテナンスをしたり交換をしたりするなどして“健康”を保ち続けないと、事故に繋がる場合も。

消耗品に係る金額は車種や排気量によって異なるため、その点を理解しないままクルマを購入した場合、思わぬ出費でイタイ思いをすることがあります。クルマを購入する前に、消耗品に関する年間費用もしっかりと押さえておきましょう!

 

クルマに必要な消耗品リスト

走行距離や時間と共に劣化していく、各種パーツたち。まずは、何にいくらぐらい費用がかかるのかをリストアップ。合わせて交換時期も確認していきましょう。

消耗品交換期間交換費用の目安
 

 

エンジンル

 

 

 

エンジンオイル

 

5,000km又は6ヵ月、ロングライフタイプのオイルは1万kmもしくは1年3,000円~

 

オイルフィルターオイル交換2回に1回交換2,000円~
バッテリー

 

3~5年ごと。または充電しても電圧が弱い場合は交換10,000円~

 

冷却液車検毎に交換5,000円~
ブレーキフルード車検毎に交換4,000円~
ウインドウウォッシャー液タンクの中身が減っていたら補充500円~
エアクリーナーエレメント4万~5万kmごと3,000円~
スパークプラグ

 

 

4万kmごと。プラチナプラグ(白銀プラグ)やイリジウムプラグの場合は10万kmごと5,000円~
プラグコード10万kmごと10,000円~
タイミングベルト10万kmごと50,000円~
Vベルト5~10万kmごと6,000円~
足回りタイヤ

 

 

使用限界は溝の深さ1.6mm。溝が残っていても2mm以下又は5年経過したら交換40,000円~
ブレーキパッド3万~4万kmごと又は3mm以下になったら交換。新品の厚さが10mmで1mmが限界9,000円~
駆動系デフオイル5万kmごと4,000円~
ミッションオイル5万kmごと4,000円~
エクステリアヘッドランプなどの電球類切れたら交換1,000円~
エアコンフィルター1年又は12,000kmごと2,000円~
ワイパーブレードゴム

 

 

劣化したら交換2,000円~

 

ブレーキパットやミッションオイルなどのロングサイクルの消耗品は車検等の時に交換してもらうことがほとんどですが、タイヤ、エンジンオイル、ワイパーブレードゴム、ウインドウウォッシャー液、ランプ類などは、消耗サイクルが速いため、ドライバー自身がカー用品店で購入したり、ショップ等に持ち込んだりして交換してもらう必要があります。

交換時期は車種や走行距離によって異なります。上記の「交換期間」を参考に、エンジンルームを開けてオイルやウォッシャー液の残量を確認したり、タイヤがすり減っていないかチェックしたりするなど、日ごろから自己点検を心がけましょう。

また、エアコンなどの電力負担が大きい夏と液温が下がりやすい冬は、バッテリーが機能しにくくなります。バッテリーが全く機能しなくなると、エンジンをかけることができず、クルマを動かすことができません。劣化に注意するとともに、渋滞中はエアコンやオーディオの仕様を控えるなどの対策を講じてください。

 

実は、車種によって消耗品の金額がこんなに違う!

新車価格が高いほど消耗品も高くなる傾向があります。車種によってどれほどの差があるのでしょうか。軽自動車・中型セダン・ミニバンを例に比較しました。比較モデルは次の3つのクルマです。

日産デイズ (軽自動車)

2017年度の自動車販売台数総合第6位に輝く人気の軽自動車。三菱自動車と共同開発したOEM(相手先ブランド)商品です。
新車価格:平均130万円

日産シルフィ(中型セダン)

「ブルーバード」の後継モデル。中型車ながら、高級感漂う落ち着いたデザインが特徴的な、大人をターゲットとしたクルマです。
新車価格:平均250万円

日産エルグランド(ミニバン)

日産が誇る高級ワゴン。ファミリー層に向けから、V.I.P向け超高級仕様車まで幅広くラインナップしています。
新車価格:平均420万円

消耗品デイズシルフィエルグランド
タイヤ41,800円56,800円74,800円
エンジンオイル2,914円3,886円4,858円
バッテリー5,703円14,474円17,780円
  • 表示価格はカー用品店などの一般的価格であり、店舗などによって価格や工賃などが異なります。
  • タイヤはダンロップ・ル・マンV4本+入替バランス工賃の比較です。
  • エンジンオイルのグレードはいずれも0W20による比較です。車種に関わらず別途工賃がかかります。
  • バッテリーはパナソニックカオスシリーズによる比較です。車種に関わらず別途工賃がかかります。

タイヤはサイズ、エンジンオイルとバッテリーは容量によって価格が高くなるため、車格や排気量が異なる軽自動車(660cc)のデイズとミニバンのエルグランド(2,500~3,500cc)では消耗品に係る金額が2〜3倍も高くなってしまいます。ちなみにウィンドウォッシャー液やワイパーブレードゴム、ランプ類は、車種によってそれほど価格差はありませんでした。同じクルマでも、これだけ消耗品の金額の幅が変わるんですね。

 

燃費を比較するとどれだけ違う?

クルマに乗るうえで気になるのが燃費です。燃費とは1ℓの燃料で走行できるかを表す基準を言い、一般的にはこの走行距離が長いほど「燃費がいいクルマ」と言うことになります。

つまり、以下のような計算式で表すことができます。

走行距離÷消費したガソリン(L)=燃費

最近では技術の向上により、エコカーやハイブリット車など、燃費のいいクルマが増えきましたが、車種による燃費の平均は次の通りです。

・スポーツカー:5km/L
・一般的な普通車、いわゆるセダンタイプ:10km/L
・軽自動車やエコカー:15 km/L
・ハイブリットカー:20〜30 km/L

先ほど比較した、軽自動車・中型セダン・ミニバンで料金を再度比較して見ましょう。

乗車定員で割ると、シルフィとエルグランドの差が縮まることが分かります。7人で100㎞先に移動すると仮定した場合、燃費が約15㎞のシルフィ2台に分乗して移動するとガソリン代は合計2,000円になりますが、エルグランドに7人乗って移動すると1,500円で済むため500円オトクです。燃費だけでなく乗車定員を考慮することで、出費を抑えることができると言うことも覚えておいてください。

デイズシルフィエルグランド
定員4人5人7人
燃費約25㎞/ℓ約15㎞/ℓ約10㎞/ℓ
走行距離100㎞のガソリン代600円

 

1,000円

 

1,500円

 

走行距離100㎞の乗車定員1人当たりのガソリン代150円200円214.2円
  • エルグランドには乗車定員8人のモデルもラインナップされています。
  • ガソリン代は1ℓあたり150円で計算しています。

カタログやホームページなどに掲載されている燃費より、実際に乗ってみたら下回っていた!なんて話をよく耳にすることがあります。燃費の標準値は国土交通省が定めた基準に基づき、測定器の上で一定の条件下のもとに連続走行させて算出します。

国産車はすべて同じ基準で算出されていますので、誤りではありません。そこで大きな理由として考えられるのが、一人ひとりの運転環境の違いです。普段の運転で、急加速や急ブレーキが多いことはありませんか?荷物の過積載や長時間のアイドリングも燃費を悪くしますので、こうした運転環境の見直しを行うことで燃費が改善される場合もありますよ。

 

少しでも出費を抑えたいあなたに。裏ワザ・節約術!

 

「消耗品なんて、どこで交換しても同じ」と思っていませんか? 実は同じ商品でも、販売店によって価格も工賃もバラバラだったりするんです。同じチェーン店でも店舗によって価格に差があると言うこともザラにありますので、まずはお近くのショップの価格リサーチを行いましょう。

カー用品店はバリエーションが豊富!

自動車メーカーのディーラーの整備は、純正品やメーカー推奨の製品を使用するため、カー用品店と比較するとやや金額が割高になります。ですので、少しでも出費を押さえたい場合は、タイヤやエンジンオイルなどを予算に合わせたグレードで選べるカー用品店やタイヤ専門店などをお勧めします。入会すれば工賃が無料になるサービスを実施しているお店もあるのでさらにおトクですよ。

ロングライフ商品を選ぶ

寿命が長いロングライフタイヤやロングライフバッテリーは、少し価格が高めですが、通常の商品より交換頻度が長くなるため経済的です。先行投資は必要ですが、一度試してみても良いかもしれませんね。

 

自分の腕に頼ってみるのもアリ

作業を自分で行うことで費用を安く済ませることもできます。ワイパーブレードやランプ類の交換は取扱説明書を見れば簡単にできますし、バッテリーの交換もケーブルをつなぐだけなので、ドライバー1本で交換可能です。店舗よりもインターネットで購入した方が安い場合がありますので、週末のちょっとした空き時間でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新車が毎月定額 ALL in One 車と期間を選ぶだけ、webで簡単マイカー選び | SmartDrive Cars

関連記事

TOP