• facebook
  • twitter
  • rss

【2018年最新】軽自動車人気ランキングとオススメポイント!

普通車と比べると燃費も良いし、維持費もかからない。そんな理由で軽自動車を選ぶ方も少なくないのではないでしょうか。最近では軽自動車とは思えないほど機能性が高く、広さや使い勝手もバツグンな車種が揃っています。ちょっとしたお出かけに、普段づかいに、家族とも仲間ともしっかり楽しめるオススメの軽自動車をランキングベースでご紹介します。

ランニングコストを抑えられるだけでなく、全体的にサイズが小さいので狭い道でもスイスイ軽快な走りができるのが軽自動車の魅力。運転のしやすさを考えると、運転が苦手な人や免許取得後に初めて車を運転する人にはオススメと言えるでしょう。軽自動車と一言で言っても、どんなライフスタイルにも合う個性豊かな車種が販売されています。

ここからは上位10位に入る軽自動車のオススメポイントを解説していきますので、ご参考ください!

1位 ホンダ「N-BOX」1,385,640円〜

2017年に引き続き、最も販売数が多い人気ナンバー1の軽自動車。2017年の販売総数は218,478台でした。

エンジンなどが占有するスペースは限りなく小さく、人のための空間はできるだけ大きくすることを実現、軽自動車ながらも広々とした居心地のいい空間が特徴です。近所のお出かけに、旅行で遠出に、様々なシーンでの乗り心地を追求したシートや、ボディーの振動抑制や適所に配置した吸音材による静かな乗り心地は、小さなお子様のいるご家庭にもぴったり。
N-BOXスロープ仕様は使いやすさ抜群の「スーパーフレックススロープ」を搭載。荷室の床・介護・趣味など、子供も大人も、おじいちゃんやおばあちゃんまで、世代を越えて家族みんなで利用したいクルマです。

公式ホームページ:http://www.honda.co.jp/Nbox/

2位 スズキ「スペーシア」1,274,400円〜

2017年12月14日のフルモデルチェンジから、さらに人気を博しているスペーシア。新スペーシアはスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」やハイブリッドシステム「S-エネチャージ」を採用、安全装備も充実しています。

家族の笑顔とワクワクが広がるポップなカラーリングと、大きなドア、子どもとの距離をもっと近くにできる自由なシートアレンジに加え、女性に嬉しい日差し対策や直接風が当たらない工夫も施されています。自転車も詰める荷室と快適で広々とした空間は、アウトドアにもぴったり。デザインは愛着のあるスーツケースがモチーフ。家族や仲間とたくさん思い出作りができそうですね!

公式ホームページ:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

3位 ダイハツ「ムーヴ」1,112,400円〜

全体的なボディやデザイン、テールランプまで、個性的な見た目と使いやすさで女性人気が高いムーヴ。小回りがきき、狭い駐車場でも安心して停めることができると評判です。程よい広さと乗り降りの手軽さ、安全性能もバッチリ備えているため、家族みんなが快適かつ安全に運転できるあつかいやすいクルマです。ちょっとした買い物や送迎、普段使いにサクノリできそう。

公式ホームページ:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/index.htm

4位 ダイハツ「タント」1,220,400円〜

3位のムーヴに続いて上位に入ったダイハツのタント。いちばんの特徴は、大きくて乗り降りがしやすい「ミラクルオープンドア」。助手席側の開口幅はなんと1,490mmという大きさ!ベビーカーも折り畳むことなくそのまま出し入れできる上、室内空間もゆとりがあるため赤ちゃんのケアがしやすいつくりになっています。また、撥水シートを採用しているので飲み物や食べ物をこぼしてもサッと一拭きでお掃除完了。お母さんの負担を減らしてくれる強い味方です。

公式ホームページ:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

5位 スズキ「ワゴンR」1,078,920円〜

1993年の登場以来、常に上位にランクイン。その特徴としてまずあげられるのは驚異の燃費。新型ワゴンRのFZはマイルドハイブリッド搭載で燃費は33.4km/L(JC08モード)です。レーダーブレーキやシートヒーターなどの充実の装備と燃費の良さを考えると、節約できてとってもおトク。室内長2,450mm×室内高1,265mm(2018年4月時点で軽ワゴンNo.1)、大人が4人乗ってもリラックスできる空間が広がっています。大人の旅行やお買い物にピッタリ。

公式ホームページ:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

6位 ニッサン「デイズ」1,157,760円〜

ニッサンのノウハウが余すところなく注ぎ込まれた自信作。駐車が苦手な人には安心なクルマを真上から見下ろしているかのように周囲の状況を把握しながら安心して駐車が行えるアラウンドビューモニターや、操作しやすく上質なタッチパネル式のエアコンなど、独自性の高いコダワリ機能が満載です。スタイリッシュでスマートなデザインは、都会的なイメージを感じます。ニッサンは人・車・自然の共存を合言葉に環境保護を目的とするプロジェクト・ニッサングリーンプログラムに積極的に取り組んでいるので、環境に配慮したい!という方にもオススメです。

公式ホームページ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html

7位 ダイハツ「ミラ」842,400円〜

1980年から販売されているダイハツのベストセラー!安全でリーズナブルという、経済性と実用性を兼ね備えた一台です。通勤や送り迎え、日常的なお買い物など、普段づかいするにはピッタリ。衝突回避支援システム、コーナーセンサーなども搭載し、安全面もバッチリ。シンプルでコンパクトなのにストレスフリーな乗り心地が人気です。

公式ホームページ:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

8位 スズキ「アルト」847,800円〜

ダイハツのミラと比較されることが多いスズキのアルト。燃費はなんとガソリン車ではNo.1の37.0km/Lを実現しました。エンジンの軽量化、フロントのフェンダーとクロスメンバーを樹脂化するなど、軽量化のために様々な工夫がたっぷり。これによって燃費の向上はもちろん、ハンドリングや乗り心地の改善、さらには各部品の耐久性や消耗具合も変わってくるのだそう。スタンダードな軽自動車なので、初心者さんには運転しやすいかもしれません。

公式ホームページ:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

9位 スズキ「ハスラー」1,100,520円〜

ダブルカラーがおしゃれで遊び心も満載。しかし、アクティブなのはデザインやカラーだけではありません。アウトドアシーンで活躍するアクセサリーを装着すれば、海にも山にも夏でも冬でも、どんなシーンも楽しむことができます(アクセサリーは別売)。最低地上高が180mm、悪路にも強い走行性能完備で雪道や起伏の多い路面でもラクラク。オフロードもオンロードも安定感のある走りができるので、平日も週末もいつでもアクティブな人に向いています。

公式ホームページ:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

10位 ホンダ「N-WGN」1,090,000円〜

軽自動車初、安全性能評価で満点の5つ星を獲得しました。衝突時の衝撃をコントロールする独自の安全技術、前・後ろ・横に完備された6つエアバック、後部座席のシートベルトしめ忘れを知らせる警告灯など、安全性の高い機能がぎっしり。

座面から身体をじんわりとあたためるシートヒーター、空気の浄化や脱臭やお肌にもうれしい効果のあるプラズマクラスター技術を搭載したフルオート・エアコンディショナーなど、あったら嬉しい機能も搭載。とにかく安全性を一番重視したい!という方に。

公式ホームページ:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

いかがでしたでしょうか。小回りが効くという意味でもランニングコストが比較的安いという意味でも優秀な軽自動車。最近はおしゃれで選ぶのが楽しい車種も増えていますよね。ぜひ本記事も参考にして自分に合った軽自動車選びを楽しんでください。
※全国軽自動車協会連合会が発表している軽自動車販売確報を元にランキングを作成しました。

関連記事

SNSで最新記事をご購読ください
TOP