• facebook
  • twitter
  • rss

【2018年最新】ミニバン人気ランキングとオススメポイント!

【2018年最新】ミニバン人気ランキングとオススメポイント!

大人から子供までたくさん乗れて、ちょっとした旅行にもたくさん荷物を積んで遠出というシチュエーションにも対応してくれる、ファミリーの心強い味方といえばミニバンですよね。室内の広さやスペースのゆったり感、低床で小さい子でも乗りやすいなど、利便性・実用性の高さから時代を超えてファミリー層から高い支持を得ています。

最近ではミニバンでも燃費性能に優れた車種もたくさん出ており、「大きい車 = 燃費が悪い」という印象も払拭しつつあるようです。また、「ファミリーカー = スタイリッシュではない」というイメージも覆すような洗練したエクステリアを持つ車も多いですよね。

今回は、そんなミニバンの人気車種やその特徴を販売台数をベースにしたランキング順に見ていきましょう!

1位 ニッサン「セレナ」2,435,400円〜

出典:日産「セレナ」

1991年の発売以来、広く長く愛され続けているミニバン。2017年次RJCカーオブザイヤー、2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞など様々な賞を受賞していることからもその人気や実力がわかります。車内は多彩なシートアレンジで7人乗りと8人乗りを自由に切り替えられ、3列目をたためば大容量の荷室になるなど高い居住性を追求した設計になっています。そのほか、足だけで開くハンズフリーのドアや、高速道路 同一車線自動運転技術、駐車場をサポートするモニターなど、利便性高く安全性に優れた機能もしっかりと完備。

2018年3月にはセレナに新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載しマイナーチェンジを加えた「セレナe-POWER」が発売されました。充電不要のハイブリッドモデル「e-POWER」の登場によって、まだまだ人気は続きそう。家族全員が安心安全に、そして快適に利用できるので、ファミリー層から高く支持されるのも納得です。

2位 トヨタ「ヴォクシー」2,446,720円〜

出典:TOYOTA「VOXY」

スポーティでクール。ゴツっとしたフロントと迫力あるボディが特徴のヴォクシー。

背の高いボディに低床の車内はとても広くて乗降性も非常に良いので、小さなお子様からご年配の方までもが使いやすいのが魅力。さらに徹底した風切音対策と遮音材によるノイズ対策をしているので、走行中は静かで穏やか。ハイブリット車であればJC08モードで23.8km/Lの優れた燃費性能で節約にもつながり、遠距離でも快適なドライブができます。

3位 トヨタ「シエンタ」1,689,709円〜

出典:TOYOTA「シエンタ」

コンパクトサイズのミニバンですが、3列シートで7人乗車も可能。ガソリンエンジンで20.6km/L、ハイブリッドは27.2km/Lと抜群の燃費性能を誇り、ワクワクを体現したフロントフェイスやカラーリングがファミリー層だけでなく若い人の心も捉えています。狭いスペースでも乗降しやすいスライドドア、狭い道でもスイッと走れる程よいコンパクトさが便利という声や、車内で歩けるぐらいのスペースが確保されているので子供の世話がしやすい!という声も。使いやすさ抜群なのに100万円代から購入できる、おトクで扱いやすいクルマです。

4位 ホンダ「フリード」1,880,000円〜

コンパクトなのにゆったり5人乗りできるのがちょうどいい。シートアレンジが自由自在なのもちょうどいい。そんな「ちょうどいい」を体系化したのがフリードです。サードシートまで保護できるサイドカーテンエアバック、坂道発進でのヒヤリを防ぐヒルアシストスタート機能など、安全機能はフル装備されています。小回りがきき実用性の高いコンパクトなミニバンなので、老若男女問わず誰もが運転しやすいクルマといえるでしょう。

5位 ホンダ「ステップワゴン」2,455,920円〜

低重心のボディで走行安定性にも優れており、快適性や利便性を重視しながら元気な走りも楽しめるミニバン。一番の特徴はタテにもヨコにも開く、後方のドア「わくわくゲート」。ベビーカーも折りたたまずそのまま詰め込みでき、荷物だけでなく人の乗り降りもできる、柔軟かつ便利なミラクルドアです。余裕と安定の走りを実現するターボエンジンを搭載、燃費性能もJC08モード25.0km/Lと優れています。

6位 トヨタ「アルファード」3,354,480円〜

豪華な装備を兼ね備え、ダイナミックで品格が漂うトヨタの中では最上位クラスのミニバン。至福のくつろぎ空間が広がる車内には、肌触りの良い本革を利用したクッション制の高いシート、様々な操作が手元で行えるアームレスト格納式のコントロールスイッチ、気分でカラーを変えられる天井のイルミネーション、近づくと解錠&オープンするスライドドアなど、ドライブを快適にしてくれる装備がぎっしり。街中を走る乗り心地や安定感、静寂性もバランスよく走り心地が良いクルマです。細部までこだわった高級ミニバンは、ラグジュアリーなカーライフを楽しみたい方にオススメです。

7位 トヨタ「ノア」2,466,720円〜

新垣結衣さんのコマーシャルが人気のノアは、実用性の高いミドルサイズのミニバンです。他のミニバンと比べると柔らかな雰囲気の外見。そして、シーンに合わせてレバー1つで簡単なシートや荷室のアレンジができるので、家族全員にとって使い勝手が良いのが魅力。ノアハイブリッドの燃費はJC08モードで23,8km/Lと、燃費性能もバッチリ!低床と大型でつかみやすいアシストグリップは小さなお子様でも乗り降りしやすく、スマートキーを携帯すれば子供を抱っこしたままでもボタン1つで簡単にドアが開閉できます。癖がなく運転しやすい一台です。

8位 トヨタ「ヴェルファイア」3,354,480円〜

ヴェルファイアとは、物静かなという意味を表す「Velvet」と炎を意味する「Fire」を組み合わせた造語で、クールな情熱を持つクルマとして名付けられました。大きめのミニバンでアルファードの兄弟車種に当たります。存在感のあるボディとパワフルな走りを見せるミニバンには、安心と安全のドライビングをサポートする予防安全パッケージ機能がしっかり搭載されています。オプションパーツが豊富なので、自分仕様のこだわりのクルマに乗りたい!という人にはぴったり。運転が楽しくなるクルマです。

9位 トヨタ「エスクァイア」2,675,160円〜

ノアやヴォクシーとは兄弟車になりますが、よりブランド力が高く、上質感や高級感を身に纏ったモデルがエスクァイアです。重厚感のあるフロントやボディ、上品なメタリック感が艶やかなカラーリング、広さだけでなくディテールにも凝った見た目にはグッと惹きつけられるものがあります。剛性を高めたボディによってカーブや悪路でも車体に振動が伝わりにくく、安定感のある走りができます。見た目だけでなく、上質な乗り心地を求めている方に。

10位 ホンダ「オデッセイ」2,980,000円〜

「走るラウンジ」と謳っているように、飛行機のファーストクラスに座っているようなゆとりあるシートとゆったりとした快適移住空間が広がる車内。流線型のフォルムが美しい、超低床のプラットフォームと高効率のハイブリッドシステムを搭載したミニバンです。力強い加速と軽快な走りを見せながらも、衝突を自動回避するシステムや車線を自動的にトレースするシステムなど、安全装備も充実しています。室内空間の広さや実用性も大事だけど、走りにもこだわりたい大人がハンドルを握りたくなるクルマです。
※一般社団法人日本自動車販売協会連合会のランキングをもとに作成しました。

いかがでしたでしょうか。今回はミニバン・ワゴンというカテゴリーでの人気車種を見ていきましたが、気になる車はありましたでしょうか?クルマ選びの参考になれば幸いです。

関連記事

TOP