• facebook
  • twitter
  • rss

東京の平均相場は3~4万円ってホント!? 駐車場事情を調べてみた

東京の平均相場は3~4万円ってホント!? 駐車場事情を調べてみた

転勤や引越しで車が必要になったり、子供ができたりなどライフイベントによって車を意識するようになったり — そんなときに近所に駐車場が見つからなかったりすると困りますよね?

最近は、国内ではカーシェアなどの「駐車場を持つ必要がない」サービスも成長していますし、世界的にはUberなどをはじめとするオンデマンド配車サービスも隆盛しているので、駐車場問題というのは車を保有するユーザーのみにおける課題であるとは言えます。一方で、カーシェアや配車サービスは、必ずしも自分の好きなタイミングで好きなだけ使えるわけではなく、一定数は根強い保有派がいるのもたしか。

そういった保有派に向けたマイカーリースサービスなども台頭してきていますが、主に都心部で直面するのが駐車場の価格問題や需給問題です。今回の記事では東京の駐車場事情と平均相場を調べてみました。

車両保有台数>駐車場という現実

まずは車両の保有台数と駐車場の相関関係から見ていきましょう。

現在、全ての都道府県の車両保有台数の総計は、軽自動車を含む普通乗用車で61,893,782台(2018年2月)。2017年の61,253,300台と比較すると640,482台も増えています。若者の車離れで自動車が売れないとも言われていますが、全体的には景気回復によって新型車の売れ行きが好調です。

自動車保有台数 [ 2017年第一位 群馬県 ]http://todo-ran.com/t/kiji/10786

自動車保有台数 [ 2017年第一位 群馬県 ]

2017年度の車両保有台数1位は群馬県で人口100人あたり69.58台(偏差値64.0)でした。2位は茨城県で67.49台、3位以下は栃木県67.41台。東京は最下位で23.19台です。上記の分布地図を見ても、都市部では自動車が少なく地方に多いことがわかります。そうした理由もあってか、全国の新築マンションの駐車場設置率も首都圏や近畿圏が極端に低くなっています。最も駐車場設置率が高い島根県が120%であるのに対して、東京都は最下位の24.5%。車両保有台数が少ないことに加え、JRや各私鉄、路線バスをはじめとする公共交通機関のネットワークが整備されているため、日頃から移動手段として自家用車を利用する機会自体が低いことが考えられます。

しかし、都心の街中を歩いていれば、必ずと言っていいほどあちらこちらでコインパーキングやパーキングメータを見かけますよね。2012年の税制改正で、自動車重量税の免税、減税が実施されたことにより、自動車の購入・保有が加速し、駐車場業の指数も伸長しています。それなのに都心部で「月極で利用できる駐車場が見つけられない」という声を聞くのはぜでしょうか。

理由の一つとして考えられるのが車庫証明です。新車購入時はもちろんですが、カーリースの場合も車庫証明(車の保管場所)を届け出る必要があります。カーリースの場合、所有権はあくまでリース会社となるため車検証の所有者欄にはリース会社の名前が記入されますが、使用者は契約者の氏名、使用の本拠の位置は契約者の住所が記載されます。実際に使用(保有)するのは契約者本人ですので、契約者本人が駐車場を確保して車庫証明を取得しなくてはならないのです。

車庫証明を取得するには次のような条件があります。

・車の全体を収容できること(かつ前後左右に50センチ程度の空間が設けられていること)
・自宅と駐車場の距離が「直線距離」で2キロメートル以内であること
・自動車が通行できる道路から、支障なく出入りできること
・駐車場の使用権限を有するものであること

コインパーキングは常にクルマの出入りがあり、タイミングによっては満車となる場合も。毎日必ず同じスペースを利用できるとは言い切れません。そのため、保管場所として使用できる権限を有しているのか判断が難しく、結果として証明書を取得できないケースがあります。そうした理由から、都心部ではコインパーキングは多いのに、家の近くで駐車場が見つからない…という痛切な声が上がってしまうのかもしれません。

都心にある駐車場の月額平均は〇〇円…!?

都内は地価が高く、特に23区は月々の駐車場代も決して安くありません。

東京都23区・月極駐車場相場ランキング

港区や中央区、千代田区の平均相場は約5万円です。ワンルームマンションの家賃と駐車場代がほとんど変わらないじゃないか、と驚く人もいるのでは。港区の家賃相場は一人暮らし・1Kでも10万〜11万程度、ファミリー向けの2LDK~3DKとなると25万〜30万。この家賃にプラスして年間およそ60万が必要となると、かなりの高額出費になります。

月極駐車場の相場は主に「地域・設備・利便性」で決められ、屋内・舗装がコンクリート(砂利やデコボコがない)・駅近」と設備や条件がよければ高額になります。上位に入る地域の駐車場は、主に東京のど真ん中でなおかつビルやマンション内という立地であるため高額になっているようです。月極駐車場の全国平均相場は「8,288」ですから、都心のど真ん中で駐車場を借りると約5カ月分です。ちなみに、一番安いのは長野県で4,144円でした。

都心で車両を保有する場合、一番いいのは駐車場付きのマンションに住むことですが、そういう物件は分譲賃貸のケースやグレードも高いものが多く、結果として家賃も高くなってしまいます。

今後はクルマの定額制がどんどん普及していくことが予想されますが、駐車場探しや相場を事前に確認してから利用してくださいね。

関連記事

TOP